987ボクスター オーディオ交換方法(純正ナビの取外し→1DINオーディオへ)

購入時についていた純正HDDナビ。ナビとETCも連携仕様。Bluetooth対応。しかも、起動時はポルシェのロゴが表示される仕様。DVDも再生できるし、テレビまで見れちゃう。ただし、今から10年前のナビは、HDDドライブで重い。しかも、Bluetoothの規格の問題か、電池消費が異常だし、ブツブツ途切れる。ということで、あっさり不要と判断。

目次

代わりにインストールするのは・・・

私の所有するクルマは、オーディオ/ナビ交換する場合は、すべてCarozzeriaで揃えている。今回は、MVH6600を選択。

カロッツェリア(carrozzeria)/パイオニア(Pioneer)
¥14,870 (2024/06/20 16:27:14時点 Amazon調べ-詳細)
総額で2万円くらいだったと記憶している

純正ナビからMVH-6600で失うモノ

  1. ナビゲーションができなくなる →地図も古くなっていたし、スマホで代用する
  2. バックカメラがなくなる → 2シーターだし、ミニバンみたいな長さがないので不要と割り切り
  3. テレビ/DVD見れない → そもそも見ない。家族グルマのフリードも、今まで子供以外が使ったこと無い
  4. ETCも同時に失う → ついでに新しいETC入れよう

一方、メリットとして

  1. まず、軽い。
  2. 起動時間が早い。
  3. BluetoothがVerUPして最新版。スマホ電池が持つようになる&接続でイライラしない&音切れもしない
  4. スマホ地図ナビも最近そこそこできが良く、不要の際にはオーディオ周りがシンプルで、楽

今回の選定にあたり、Must要件・・・・USBメモリの音楽を聴ける、Bluetooth連携できる、他余分な機能が無いこと。他は、不要とした。

純正ナビ、ETCの取り外し

早速バラシ。

ここの隠しネジから順番にバラす。T30

高級車は、面倒なネジが多いね。

ナビの周辺パネル外れた

ナビユニットは、4箇所のツメをこじると、2DIN単位でごそっと外れる

ナビ裏の配線は、こんな感じ。意外とナビにつながるのは少ない。

今回は、パーキング信号(?)をナビに入力して、走行中もテレビを見られる装置やら、外部入力用のコンポジットケーブルがついていたので、それを取り外すためにエアコンのコントロールパネルも取り外し。

エアコンコントロールパネル含め、取り外しが完了。続いて、グローブボックスにあるETCユニット取り外しへ。

ドリンクホルダー、取り外し

ETCユニットも取り外すため、グローブボックスごと外す

結構細かなネジがあるが、このへんは試行錯誤と感覚で

テレビアンテナなど、不要なものを外すためにルーフまでアクセス

Aピラー沿いのガーニッシュ取り外し

やっとミラー裏まで来た

ピンボケ・・・・

フロントセクションのバラシ完了。不要な配線を抜いたり切ったり。昔のナビだと、特に配線が多い。

配線の作成

私の車両についていた純正HDDは、ほぼ、Clarion NX809。ちょっとインターフェースが違う程度。よって、https://www.clarion.com/jp/ja/pdf/NX809_Inst.pdfを参考に配線図の分岐とハーネスの作成を行う。

純正ナビの配線の色を確認中

ハーネスの作成は、↑のような工具を使って

カシメる。今回はギボシ端子を使用(オーディオ側の付属カプラが、ギボシを使用していたのでそちらに合わせた)

オーディオ側のハーネス作成完了

まぁ、オーディオのスピーカー関連の配線色は統一されているので、それほど迷うことはなく、配線完了(Porsche用のオーディオ交換用ハーネスを調達しようとすると結構なお値段。今回は、既存のナビカプラを分解して新規で作ってしまうほうが早い&安かった)。

続いてアース配線を作成しておく。

ヒューズボックス裏の集中アースに落とす

配線の作成方法についてはこちらの記事を参照

あわせて読みたい
【DIY】ハーネス(電線)作りの基礎と端子のカシメ方 車両から電装品の電源を取得する方法としてシガーソケットからの電源取り出しや、エレクトロタップなどがあるが、シガーソケットのタコ足配線だとインパネ周りが煩雑に...

オーディオ関連は従来ナビに入っていた配線を流用すればよいが、スマホのUSB給電ポートが欲しかったので、USBポートのために電源を取り回す。ポルシェのアクセサリ電源はバッテリ駆動(!)。リレーユニットを使って駆動する。ヒューズボックスから電源取り出し。

鉄板のエーモンリレー

オーディオ 2DIN Assy.の作成と組み込み

1DINのケースやら、鉄板を加工して強度を出したり、汎用のステーなどを組み合わせて2DIN規格に収まるように、スマホホルダー・USB電源などを組み込む。純正ドリンクホルダーとの干渉や、スマホホルダの回転などを考慮したらこういう構造になった。↓

USB電源ポート

スマホホルダー

ついでに、リアカメラのハーネスとか、TVアンテナとか、余分なユニットを外す。なんと、GPSアンテナがフロントトランクからアクセスする仕様だった。撤去するのに、フロントグロメット経由で引き抜き。

ナビから給電、情報送受信していたETCユニットを、独立のETCユニットに変更した。取り付け完了したけど、作業に夢中になり、作業過程の写真を取り忘れてしまった・・・↓は取り付け後の写真。ついてりゃいいや、の安っすいやつ。近くのカー用品店で、初期化作業だけ依頼。快く受けてくれました(まぁ、取り付けまでお願いするとなると、内装バラすの効率悪いわ、気を使うわで、嫌がるだろう)。

動作確認

オーディオ、ラジオ、Bluetooth(スマホNAVI音声案内&電話)、充電など機能を一通り確認して完了。

ナビとリアカメラは失ったけど、最新地図&サクサクつながるBluetoothオーディオで、満足。

カロッツェリア(carrozzeria)/パイオニア(Pioneer)
¥14,870 (2024/06/20 16:27:14時点 Amazon調べ-詳細)
この記事をSNSでシェアする
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次