S660チタンシフトノブに交換(β純正から交換)

ステアリングに引き続き、シフトノブも”常に触れている”ものなので、交換。自分の好みは、上から握るようなシフトレバー位置(FFベースに多い)は球形が好ましいし、横から握るようなシフトレバー位置(FRに多い気がする)であれば、棒状が握りやすく感じる。S660は、どちらかというと後者。ということで棒状で、上部が半球のような形状を探していたが、わりと近いかな?ということで、ホンダ純正をチョイス。

目次

βには、そのままつかない

という記載がカタログにあったので、アルファ用のシフトレバー周りの部品を利用して交換する。βに綺麗に付けるなら、以下純正部品が必要(αの部品を使って取り付け)。α乗りなら不要。

βの場合、シフトノブ交換に必要な部品:

77270-TDJ-003ZA ガーニツシユASSY.,シフトレバー
54103-TL0-G00 スペーサーA
ディーラーで手に入る。

センタートレイ&シフトブーツ外し

京都機械工具(KTC)
¥764 (2024/02/29 16:11:19時点 Amazon調べ-詳細)

センタートレイ外してその後はシフトブーツ部品を・・・・

バキバキバキって外す

ねじ切りなので、緩める方向に回せば、取れる。

シフトカラー・シフトノブの取り付け

α用のシフトブーツに、カラーを挿入する。これで、シフトブーツ周りをα化する。

まずはブーツを取り付けて、

その後、54103-TL0-G00 スペーサーAをねじ込んでいく。

で、シフトノブを取り付ける。シフトノブにはパターンが印字されているので、最後まで締め込むと印字パターンが正しい角度につかない。よって、↑の54103-TL0-G00 スペーサーAを17mmのスパナでシフトノブ側に締め込む(実は、初回は手締めで良しとしてしまったため緩んでしまった。スパナで軽く締め込んでやると緩まない)。

最後に、シフトブーツを下からはめ込んでやれば完成。

インプレッション

操作性、悪くない。というか、何か、いいぞ。重さもちょうど良い感じ。

狙い通り、シフト位置が高いので、横から握る形状で操作しやすい。上から握る操作の際にも上面が半球なので、違和感がない。フィーリング含めてさすが純正アクセサリ。ちょっとお高いが、よく考えられているパーツ。

こういう、「肌と車が接する部分」に関しては、操作性を重視した部品を選びたい。ドレスアップパーツとしても室内のアクセントになるし、満足度高い部品だ。

シフトノブの増し締め

あわせて読みたい
S660 チタンシフトノブの調整 私のS660はβであるが、シフトブーツ周りはα化し、チタンシフトノブを取り付けている。ところが、取り付けの際に締め込みが緩かったようで、1年程経過したら、シフトノブ...

S660ドライビングポジション最適化まとめ

あわせて読みたい
S660 ドライビングポジション最適化まとめ 純正のドライビングポジションの最適化を行い、満足できる結果となったので、一連の作業まとめた。S660は、楽しくスポーツドライビングができる車両である。ドライバの...
この記事をSNSでシェアする
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次