S660オプションカプラの作成方法と電源の取り出し

車両コネクタの作成方法を解説する。車両用コネクタの作り方を覚えればクルマの配線や電源などを取得する際とても便利。題材として、S660オプション電源取り出しハーネスを作成する。今後の電装品の追加を考え、オプション電源取り出しハーネスを作成し、電源取を取り出した。Hondaの多くは、ディーラーやメーカーオプションの追加のために、ヒューズボックスからカプラオンで電源を取得するための「オプションカプラ」というものが存在している。

目次

オプション電源取り出しハーネスによる電源取り出し

車種によって形状は様々であるが、S660のヒューズボックスを見てみると空きがある。そこで、オプション電源取り出し用ハーネスを作成した。

同様なものは、すでにオプションカプラ取り出しハーネスとして販売されている。自作する手間を考えれば、買ってしまうのが早いかもしれない。

S660オプションカプラの挿入場所の確認

ヒューズボックスの上の方(かなり見にくい。撮影のために、色々パネル類は外している)に、空きのカプラがあることを確認する。ホンダアクセスのオプションをつけていたりすると、埋まっているかもしれないので、下赤丸の部分を確認。すでにオプションカプラが挿さっている場合は、中継カプラ付きの製品が必要(後で解説)。

S660ヒューズボックスのオプションカプラ挿入場所
S660ヒューズボックスのオプションカプラ挿入場所

ここに挿さるカプラを作成して、電源を取り出してやれば良い。

必要な部品

電源取り出し用のハーネスを作成するために必要な部品と工具を紹介する。

電源カプラ

電源カプラは以下の部品を用いる。車両に割と一般的な090コネクタ(メス)。ピンがセットで売られている。

S660ヒューズボックスのオプションカプラ

昔は20個セットでしか販売していなかったと記憶しているが、最近では個人向けにこういった販売をしてくれているようだ。便利な世の中になった。Amazonで購入。

住友電装(SWS)
¥330 (2024/06/21 03:02:49時点 Amazon調べ-詳細)

電線

いつものエーモン製。これも、手持ちのストック品を使用。1.25sqを使用した。これで、11.7A(@12V)の電装品まで対応可能。電力許容にマージンを載せて、090コネクタに挿入でき、できる限り太いものが望ましい。

S660ヒューズボックスのオプションカプラの電線
エーモン(amon)
¥266 (2024/06/21 03:02:49時点 Amazon調べ-詳細)

電源カプラ用の圧着工具

今回の電源カプラを圧着するのに必須の工具。他の安いやつだとうまくカシメできずに抜けて最悪ショート。重要な部品だけに、ここは精度の高いものがオススメ。

オプションカプラの作成

カプラの作成方法は、車両用コネクタ(カプラ)の作りの記事に記載。

あわせて読みたい
【DIY】車両用コネクタ(カプラ)の作り方 車両には様々なユニットが搭載されており、その多くは電源や信号線の接続に「コネクタ(カプラ)」というものを使っている。S660のスイッチ移設の際には、コネクタの間...

カプラが完成したら、手前にヒューズを取り付け、出力先であるギボシ端子をカシメた。

ギボシ端子や、GND端子の取り付け方法はこちらの記事を参照

あわせて読みたい
【DIY】ハーネス(電線)作りの基礎と端子のカシメ方 車両から電装品の電源を取得する方法としてシガーソケットからの電源取り出しや、エレクトロタップなどがあるが、シガーソケットのタコ足配線だとインパネ周りが煩雑に...

オプションカプラハーネスが完成。

参考:すでにオプションカプラが挿さっている場合

中継カプラを自分で作成するためには以下のオスメスカプラのセットを手配する。

上記カプラを使って中継カプラを作って上げれば電源を取り出せる。

グランド(GND)の結線

最後に、車体のグランド線に接続する必要がある。そこで、グランド用の丸型端子をカシメる。丸型端子とギボシ端子をカシメる。将来に他の機器を接続することを考えて、ギボシ端子をタコ足配線しておくのが良いだろう。

グランド線の作成
グランド線の作成

コレをヒューズボックス横の集中アースにネジ留めすれば、車体側の配線は完了。

集中グランドへの配線
集中グランドへの配線

FUSEボックスへの取り付け

作成したハーネスを、FUSEボックスの空きに挿入する。

S660ヒューズボックスのオプションカプラのFUSEボックスへの挿入
S660ヒューズボックスのオプションカプラのFUSEボックスへの挿入

注意:下のFUSEの作業は、「必ず最後に、ヨシ、コレなら通電してもOKだぜ!」ってなってから行ってください。ミスると最悪燃えます。説明の都合上で先に書いていますが、実際は電装系の部品全部の搭載作業が完了してからFUSEを差し込んでいます。なお、使わない電線の先端は絶縁処理をしておくこと。

FUSEボックスの↓図赤◯部に10AのFUSEを差し込む。これで、オプションカプラの各信号線に電源が供給される。

FUSEボックスへのFUSE差し込み
FUSEボックスへの10A FUSE差し込み

後日、オイルクーラーのファンを追加することになり、FUSEを10Aから20Aに変更している↓(ちなみにHonda Accessのオプション品をつけた場合などは、予めここに20AのFUSEが挿さっているため、最大は20Aと思えばよいだろう)。

FUSEボックスへのFUSE差し込み(後日20AのFUSEに変更)

負荷計算

あわせて読みたい
S660 44G製クラーケンのオイルクーラーのファン配線と効果確認 S660へのオイルクーラー(44Gクラーケン)の取り付けが完了(こちら)したので、その際にオプションでオイルクーラーファンを取り付けた。 【S660のオプションカプラか...

使用する負荷により、必要なFUSE容量を決めるべきだろうが、わからなければ、10~15A程度を挿しておけば問題ない。ちなみに、オプションカプラの線径が1.25sq、流せる電流は11.7A(@12V)なので、温度条件などにより変わるがマージンを積んで、オプションカプラ以下に流せる電流のTotalは11.7Aが最大。

これで、電源を取り出すことができた。

こういう方法もあります・・・電源の取り出し

今回は、拡張性(追加メーターとか、スマホの充電器の増設とか)を考えたのでオプション電源取り出しハーネスを作成した。ACCの電源だけを取り出したいのであれば、「エーモン 低背ヒューズ電源」の7.5Aを使用するのが簡単かつ安価。

エーモンのFUSE電源を使えば、電源を簡単に取り出せる
エーモンのFUSE電源を使えば、電源を簡単に取り出せる

取り出した電源側にさらにヒューズがついており、安全だし、既存のFUSEを置き換えるだけ。電源を簡単に取り出したいなら、コレが一番ラクかも。
GNDは前で説明したのと同様、集中GNDに配線すれば、簡単にアクセサリ電源を取ることができる。

関連記事

ギボシ端子や、GND端子のカシメ方法はこちらの記事を参照

あわせて読みたい
【DIY】ハーネス(電線)作りの基礎と端子のカシメ方 車両から電装品の電源を取得する方法としてシガーソケットからの電源取り出しや、エレクトロタップなどがあるが、シガーソケットのタコ足配線だとインパネ周りが煩雑に...

コネクタの作り方はこちらの記事を参照

あわせて読みたい
【DIY】車両用コネクタ(カプラ)の作り方 車両には様々なユニットが搭載されており、その多くは電源や信号線の接続に「コネクタ(カプラ)」というものを使っている。S660のスイッチ移設の際には、コネクタの間...

S660の後付電装部品の配線と使用量の計算はこちらの記事を参照

あわせて読みたい
S660の後付電装部品の配線と使用量の計算 オイルクーラーファンの搭載完了で、後付電装部品がおおよそ出揃ったため、改めてオプションカプラ回りのハーネスを整理した。私の車両には複数の後付電装部品が組み込...

S660 DIYでETC取付(ETCアンテナステルス化とメーター周辺バラシ)

あわせて読みたい
S660 DIYでETC取付(ETCアンテナステルス化とメーター周辺バラシ) 私が購入したS660にはオプション一切なしだが、流石にETCは必須。オプション電源取り出しハーネスの作成と電源の取り出しを行った。さらに、ETCのアンテナをフロントガ...

S660 クーリングファン装着と、後付電装部品の配線整理

あわせて読みたい
S660 スマホホルダー選びと、充電のための電源追加 多くの人が迷うであろうスマホの置き場。Zoomエンジニアリングのスマホホルダーを運転席右側に設置。また、充電しながらのスマホ使用を可能とするために、12V→5VのDC/DC...

S660 クーリングファン装着

あわせて読みたい
S660 44G製クラーケンのオイルクーラーのファン配線と効果確認 S660へのオイルクーラー(44Gクラーケン)の取り付けが完了(こちら)したので、その際にオプションでオイルクーラーファンを取り付けた。 【S660のオプションカプラか...
この記事をSNSでシェアする
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次