S660 DIYでETC取付(ETCアンテナステルス化とメーター周辺バラシ)

私が購入したS660にはオプション一切なしだが、流石にETCは必須。オプション電源取り出しハーネスの作成と電源の取り出しを行った。さらに、ETCのアンテナをフロントガラスではなく、メーターバイザーの下に隠して設置する手順を説明する。

目次

ETCユニットの取付

購入したユニットは、「カロッツェリア ND-ETC40」。採用理由は、アンテナをメーターフード内に隠すため、アンテナは別体が良かった。パイオニア(カロッツェリア)かPanasonic(純正オプションと同等品か?)とで迷ったが、車載器本体側にスピーカーがあることによりアンテナを奥に取り付けた時にもちゃんと声が聞こえるようにするため、カロッツェリア製を選択。本体は、純正ETCと同じ位置に取り付けを決定。

コイツを取り付けていく。

グローブボックスの取り外し

グローブボックスOpenして、左にあるストッパーを車体側から切り離す。その後、下二本の軸から引き抜くと、蓋が外れる。

S660グローブボックス外し

3箇所カバーが付いているので、コジって外す。そうするとネジ見えるのでそれを緩めて取り外し。

S660グローブボックス外し

アンテナの取り付け

アンテナは、メーターフードの下に隠したかった。ということで、メーターまでバラしをしなければならない。

メーターフードの取り外し手順

取っ掛かりはエアコン吹出口から

S660メーターパネル取り外しまでの道のり

内装剥がしで分解。

京都機械工具(KTC)
¥764 (2024/06/20 17:52:41時点 Amazon調べ-詳細)

ステアリングカバーの上部を取り外す。ハンドルを切ると正面に左右爪があるのがわかるのでそこきっかけでアクセスする。

とにかく養生!

特にメーターは、傷がつくと意匠を大きく損なうので、傷つけそうな部品を片っ端から養生しておく。養生テープは100均で安く手に入る。ウィンカーレバーも傷が付きやすいので注意。

S660メーターパネル取り外しまでの道のり
S660メーターパネル取り外しまでの道のり

サイドパネル取り外し

S660メーターパネル取り外しまでの道のり

アンダーパネル取り外し

S660メーターパネル取り外しまでの道のり

メーターのガーニッシュを外す

大丈夫、ちゃんと外れる箇所がある。

S660メーターパネル取り外しまでの道のり

Startスイッチと、Select(ATはSportsかな?)スイッチの裏にコネクタがあるので、この状態でコネクタを取り外す。そうすると、ガーニッシュが外れる

S660メーターパネル取り外しまでの道のり

アンテナの取り付け

メーターは、ネジ3本で止まっている。緩めて手前に引くと、「ここにETCアンテナおいてくださいよ!」的なスペースが出てくる(本来はGPSアンテナ用かな?)。そこに両面テープで貼り付け。角度も、ちゃとETC車載器の搭載条件満たしているっぽい

S660メーターパネルにETCアンテナをステルス化

あとは、途中まで慎重に組戻し。

アンテナ配線

各部に引っかからないように、慎重に。オーディオユニットの上部を通して、ダッシュボード前まで。

S660ETCアンテナ配線

電源の配線

自作した電源取り出しハーネスとアースから電源を取得。ETCに付属の管ヒューズをそのまま利用した。

あわせて読みたい
S660オプションカプラの作成方法と電源の取り出し 車両コネクタの作成方法を解説する。車両用コネクタの作り方を覚えればクルマの配線や電源などを取得する際とても便利。題材として、S660オプション電源取り出しハーネ...

グローブボックスの加工と取り付け

ドリルで穴をあける。蓋が閉じても、干渉しないことを確認して、組戻す

S660ETC取付(DIY)

インストール完了!グローブボックス蓋への干渉もなく、良い感じです。

S660ETC取付(DIY)

セットアップと動作確認

カー用品店に出向いてセットアップを依頼。15分ほどで完了。

S660ETC取付(DIY)

ということで早速最寄りのインターから高速に乗り、ちゃんと動作していることを確認。

関連記事

オプションカプラから電源を取得している外部電装品はこちら↓

あわせて読みたい
S660 44G製クラーケンのオイルクーラーのファン配線と効果確認 S660へのオイルクーラー(44Gクラーケン)の取り付けが完了(こちら)したので、その際にオプションでオイルクーラーファンを取り付けた。 【S660のオプションカプラか...

内装はがしツールの記事はこちら

あわせて読みたい
クリップや内装脱着時に役立つクリップリムーバー(内装はがし)の使い方 クルマの内装、外装には様々な種類のクリップが使われている。一般的にはプッシュクリップなどと呼ばれているこれらのクリップの外し方と、内装を外す方法をまとめてみ...
この記事をSNSでシェアする
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次