【ガレージライフ】エアコンプレッサーの選び方とオススメスペック

自宅に屋根のある作業スペースや、ガレージでのDIYで役に立つのがエアコンプレッサー。自分で車やバイクのメンテナンスをする際に、ちょっとしたエアコンプレッサーがあるだけで作業効率を大幅に上げることができる。エアコンプレッサーを導入して10年以上となる。この記事では私が長年使用しているエアコンプレッサーを紹介したい。

目次

エアコンプレッサーとは

エアコンプレッサーとは、簡単に言うと圧縮した空気をタンク内に送る機械。通常、タンクとコンプレッサーが一体になったものが売られている。タンク内にコンプレッサーで圧縮した空気を溜めておき、圧縮された空気を使って様々なツールを動作させることができる。

この圧縮された空気を使った工具(エアツール)が売られており、エアプレッシャーゲージ(空気入れ)や、エアダスターなどが代表例。空気を使ったエアインパクトレンチなど、プロが作業効率を上げるために使っているものもある。

DIY用途でのエアコンプレッサー選び

私が使用しているのは、圧力最大0.8MPa、吐出空気量100L/min(50Hz)、出力1.15kW。これであれば、DIYで使用する大抵のツールを使用することができるはずだ。メンテナンスフリーであることと、エアにオイルが混ざらない利点から、オイルレス式を選択。DIY用途としてエアコンプレッサーを購入する場合、タンクの容量は25~30L程度で十分。

100Vのコンセントに接続して使用する。私が使っているエアコンプレッサーの後継機はこれ。

全く空気が入っていないタイヤにエアを入れる作業をすると、25Lのタンクだと、タイヤ1本の空気を入れるとタンク容量の半分位を使ってしまうイメージ。エアツールなどで連続使用するのであれば、もう少し余裕が欲しいところだ。私が使っているコンプレッサーのちょっとグレードアップ版で、タンク容量30Lのもが販売されているので、こちらもオススメ。

パオック(PAOCK)
¥35,802 (2024/07/21 00:50:22時点 Amazon調べ-詳細)

あとは、初めてコンプレッサーを購入する場合、セットのエアツールがお買い得。

新潟精機(Niigataseiki)
¥2,987 (2024/07/21 00:50:23時点 Amazon調べ-詳細)

エアツールとの接続は、延長のホースを差し込み、エアツールをつなげるだけ。

エアコンプレッサーを使ってできる作業

タイヤのエアチェック

例えば、タイヤに空気を入れる場合。エアコンプレッサーを購入する前までは、米式バルブ対応の自転車用の空気入れで空気を入れていた。もちろんコレでも作業はできるのだが、1台分のエアチェックと不足分を入れるだけでもうヘトヘト。

エアコンプレッサーがあれば、ドライブ前にサクッと点検・補充ができる。

タイヤの保管と装着時の空気充填

タイヤを保管する際に、良い状態を保つためにはエアを抜いておくのが良い。エア圧が高いと、タイヤは常に膨らもうとする圧力に耐えていることになり、保管の際に劣化を早めてしまう。そこで、エア圧を抜いて1キロ程度にして保存しておくのが良い。

あわせて読みたい
タイヤが長持ちする保管方法とその実践について 夏タイヤからスタッドレスタイヤ、あるいはその逆の交換というのは雪が降る地域に住んでいる方なら毎年行っていることと思う。外したタイヤは、どのように保管している...

エアを抜くのは簡単だが、問題は装着時。さすがに1キロまで抜いたエアを2キロまで上げるには、自転車用空気入れでは無理がある。エアコンプレッサーとエアプレッシャーゲージがあれば、簡単にタイヤに空気を入れることができる。

下記は私が使っている空気入れ。セット売りされていた安物だが、十分役立つ。

クーラントの注入

あまり一般的ではないかもしれないが、ポルシェ・ボクスターではクーラントチャージャーを用いた真空引きでクーラントを充填する。MRレイアウトだと、ラジエータの配管が長くなるので、こういったツールがあると便利だ。

あわせて読みたい
987ボクスター DIYで冷却水漏れ修理(ウォーターポンプ交換、ホース交換) 【冷却水漏れの発見】 以前、エンジンルームのチェックをした際に、冷却水の滲みを発見。ホースの継ぎ目と、ウォーターポンプの継ぎ目から漏れているようなので、修理。...

エアダスターでの作業

エアツールで以外によく使うのが、このエアダスター。

メジャーな使い方としては、ブレーキのオーバーホールの際にピストンを抜く際に使う。これがないと私は作用できない。

あわせて読みたい
フリード車検整備(ブレーキオーバーホール、プラグ交換、ヘッドライト磨き) フリードの車検が近づいてきたので、このタイミングで自分でできる整備は自分で実施することにした。フリードについては、今までオイル交換以外は車検のついでにディー...
あわせて読みたい
アルトワークス(HA36)のフロントブレーキオーバーホール アルトワークスの車検整備。今回は3回目の車検で、走行距離は12万kmを超えている。そこで、フロントブレーキのOH(オーバーホール)を実施することにした。 以前、74,00...

我が家の場合は車の整備だけじゃなく、以下の用途で大活躍している。

・自転車を洗車した後のギア部の給油前に水を飛ばす

・散髪後の細かな髪の毛を吹き飛ばす(我が家は子供や私の散髪は妻にやってもらっている)。

・子供用プールに空気を入れる

・自宅でバーベキューの際に素早く炭に火をつける(邪道?)

などなど…様々な用途で大活躍。

まとめ

自宅に屋根のある作業スペースや、ガレージでのDIYで役に立つエアコンプレッサー。エアコンプレッサーで、作業効率を大幅に上げることができるのに加え、できる作業が増えるので、DIYで車を弄るのであれば是非導入を考えたいところ。

圧力最大0.8MPa、吐出空気量100L/min(50Hz)、出力1.15kW。これであれば、DIYで使用する大抵のツールを使用することができるはずだ。メンテナンスフリーであることと、エアにオイルが混ざらない利点から、オイルレス式を選択。DIY用途としてエアコンプレッサーを購入する場合、タンクの容量は25~30L程度あれば、十分快適なエアツールライフを楽しめる。

パオック(PAOCK)
¥35,802 (2024/07/21 00:50:22時点 Amazon調べ-詳細)
新潟精機(Niigataseiki)
¥2,987 (2024/07/21 00:50:23時点 Amazon調べ-詳細)
この記事をSNSでシェアする
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次